「ブロガー」2695万人、市場は160億円 総務省という記事より。

日記風の簡易型ホームページであるブログの書き手「ブロガー」が今年1月末で2695万人にのぼった。総務省の調べで分かった。

ブログの書き手、すなわち「ブロガー」の数が2009年1月末で2,695万人に上っていたことが明らかになりました。総務省の調べです。

ブログの登録者数は、国内のブログサイトの運営会社64社を対象に聞き取り調査を実施して推計した。複数のブログに登録している書き手も多く、重複を除いた実人数はこれより少ないとみられる。

どのくらい少なくなるんでしょうね。スパム的なことをしている人は、それこそ数百とか保有していてもおかしくないでしょうし。半分くらい?

また、ブログの市場規模も推計されています。

今回、初めて推計したブログの市場規模では、ブログ上の広告をみた人がクリックして商品を買うとブロガーに報酬が入る「アフィリエイト広告」などの市場が約69億円。

ふむふむ、ブログでアフィリエイト広告が69億円、と。

ブログの文中で感想や体験談を掲載すると報酬が入る「口コミ広告」などの市場が約67億円。

なんと、ブログに書いて報酬が貰えるという「クチコミ広告」の市場は67億円! すごいな「クチコミ広告」は!

企業が自らの商品の情報を発信する「宣伝手段」としてブログを活用し始めたことが市場の成長につながっており、総務省は10年度には183億円に達すると見込む。

来年あたりはTwitterの調査とか、始まったりするのでしょうかねー。