スポンサードリンク

ドラッグでWikipediaを検索するブログパーツ「ドラッカー」

スポンサードリンク

ページ内の単語をドラッグすると、Wikipediaで検索した結果が表示される「ドラッカー」というブログパーツを教えてもらいました(じだらくの中の人からタレコミあり)。

2009-05-21_1545.png

スポンサードリンク

気になるキーワードをドラッグすると、Wikipediaの検索結果を表示してくれるというブログパーツです。

ブロガーのメリットとして、難しい内容な専門用語の捕捉になるというメリットがあげられています。

キーワードをなぞって検索できるブログパーツ「popIn Rainbow」と、基本的なコンセプトは同じでしょうか。利用できる検索サービスが「popIn Rainbow」の方が多いですが。

ただ、どちらもブログパーツの知名度というか、ドラッグすると検索できることをどうやって伝えるか、というのがポイントなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

前へ

iPhoneでトロンボーン演奏ができるアプリ「iBone」

次へ

ニューバランス“パンク”な間寛平モデル「MR966 スペシャルカラー」発売へ