MovableType用PostToTwitterプラグイン v1.1.1というエントリーより。

PostToTwitterのバージョンアップを行いました。変更点は次の通りです。

ということで、変更点はコチラなのです。

ブログクライアントからエントリーを投稿した場合に発生する問題に対応した。

ネタフルは「ecto」というブログエディターを使い、エントリーを書いています。

「PostToTwitter」の利用でエントリーを投稿する度に、自動的にお知らせが「Twitter」にポストされるようになって非常に便利だったのですが、二重投稿されてしまうという問題がありました。

このことを「Twitter」経由「Skype」でエムロジックのCHEEBOW氏にお伝えし、それが開発者の方に伝わり、かなーり迅速に問題解決に対応して頂きました。ありがとうございました!

「Twitter」では同様の問題に遭遇している人もいて、そうした問題が同時多発的に発生していることもうまく伝わったようです。

詳しい設定方法や解説は同梱されているドキュメントに書かれていますので、そちらをご覧ください。

ちなみにバージョンアップ後の画面はこんな感じです。

Posttotwitter11

おおっと、再編集したエントリーがもう一度投稿されてしまう問題も回避されているようです!

つまり‥‥

・ectoから正常に投稿できるようになった
・再編集したエントリーの投稿可否を設定できるようになった

ということですね。ありがとうエムロジック

追加:「ecto」は「エントリーの状態を未公開(下書き)から公開に変更した場合に投稿します。」にチェックしていると投稿できないようです。

■関連記事

Movable Typeの新規エントリー情報をTwitterに投稿するプラグイン「PostToTwitter」
「Twitter」を便利に使う10のツール