MovableTypeから投稿した新規エントリー情報を、同時にTwitterにもポストすることができる「PostToTwitter」というプラグインが「エムロジック放課後プロジェクト」からリリースされていたので試してみました。

最近はやりのTwitterに、エントリーのタイトルとパーマリンクのTinyURLを投稿するプラグインを作ってみました。

インストール方法は同梱されているマニュアルで丁寧に説明されていますが、所定のフォルダをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにコピーするだけでOKです。

使いときは、各ブログの「設定」からあらかじめID/PWを設定しておきます。

インストールが成功していれば以下のように表示されます(設定 → プラグイン)。

Posttotwitter1-1

「設定を表示」からID/PWを設定します。

Posttotwitter2

以上で設定は完了です。非常に簡単なのでTwitterユーザは試してみると良いかも。

Twitteromatic」もそうですが、手軽に“自分の今”をTwitterにポストできる仕組みは良いですね。

追記:

こんな感じで投稿されました。

Posttotwitter3Png

「ecto」からの投稿は反映することができないそうです。

MovableType用PostToTwitterプラグイン v1.1.0がリリースされ、「ecto」などXML-RPC経由のエントリーも反映されるようになったそうです。素晴らしい!