ブログの定義って何だ?というエントリーより。

しかし今ブロガーたちは、Official Google Blogは果してブログといえるのか、という疑問を投げかけはじめている。理由? ユーザーがコメントを付けられなくなったこと。

ブログとはなんぞや? というとなかなか難しい話になってしまうと思うのですが、「Official Google Blog」からコメント欄がなくなったことで、対話がなくなったとしてブログではないのではないか、という疑問が投げかけられているそうです。

そういう意味では、ネタフルもブログではなくなってしまうな‥‥。

さまざまな意見があると思いますが、TechCrunchでは「読者コメントのないブログは本当にブログなのか?」というアンケート調査を実施しています。

選択肢は以下のようなもの。

・必須ではないが、コメントがあった方がコンテンツ内容はずっとよくなる
・ブログにとってコメントは必須ではない
・コメントがなければブログではない

現時点では「必須ではないが、コメントがあった方がコンテンツ内容はずっとよくなる」と考えている人が最も多いようです。