ブログは社長の名刺代わり、SNSは名刺交換会という記事より。

最初の1年は反響も少なく「砂に水を撒く」ような寂しい気持ちになるものです。社長は孤独な環境にあるのが常ですが、ネット上の孤独は、これまで味わったことのない特別な感覚かもしれません。

ホントにブログを書く作業というのは、最初は孤独だと思います。ブログのセミナーも何回かやりましたが、その都度、ブログを田植えに例えていました。

春に田を耕し、種まきをして、せっせと手をかけて夏を過ぎ、やがて秋になり収穫の時期を迎える‥‥。

秋になるまでが本当に長く感じられるんですよね。でも手をかければ手をかけるだけ、その実りは大きいものです。

読者が少ないことにめげず、ページを1日1日積み重ねていけば、1年2年のうちに、記事の量も内容も充実してきます。それと共に、口コミ、ネットコミで読者も増え、検索エンジンでも好評価になって読者増加に弾みがつくはずです。

そうそう、積み重ねが大事です。「継続は力なり」と口で言うのは簡単ですが、こればかりは身を以て知るしかありません。

おかげさまで2004年にアルファブロガーとして選出して頂きましたが、それもこれも2003年からの積み重ねがあったからこそ、だと思っています。

始めたとたんに選ばれたのではなくて、やっぱり1年半に渡る活動を見てくれていた読者がいた、ということなんですよね(ありがとうございます!)。

ブログで地道です。でも、地道なことを続けていくと、いつしか“量”が“質”に変化していく時がくるのです。もしよければネタフルメソッドも参考にしてくださいね。

アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから

アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから