ブログ・SNSをマーケティングに生かすにはという記事より。

ブログに信頼性があると思う根拠としては、55.4%が「知り合いが書いているから」と答えています。知り合いのレベルにはさまざまあると思いますが、ブログから発信される「体験共有」を取り入れ、影響を受けている人が多いことが分かります。

ブログ・SNSをマーケティングに活かす方法が紹介されている記事で、その中に「口コミ効果に大きな影響を及ぼすオピニオンリーダー」の話が出てきます。

CGMをマーケティングに活用しようと考える場合、このオピニオンリーダーにいかに協力してもらうかが1つのポイントではあるのですが、彼らは企業の宣伝文句に踊らされない独自の視点を持っているところも人気の理由でもあり、それをコントロールすることは難しいと言えます。

この「オピニオンリーダー」の協力が得られない場合に、自らが「オピニオンリーダー」になってしまえばいいのに! ということが言われているのですが、その中で、人気ブログの傾向が紹介されています。

・作者のキャラクターが立っているもの(独自の情報や意見を持っている)
・説明が細かくて丁寧なもの(1回の更新は短くてもいい)
・更新が頻繁なもの(情報のキャッチが早いもの)
・参照する情報の取捨選択が上手なもの

自分が良く見ているブログを想像してみると‥‥確かに当てはまっているかもしれませんね。例えば百式とかモダシンとかtokuriki.comとか。

「これらは特に当たり前のようなことにも見えますが」ということですが、それをしっかりとコツコツ続けていくことが秘訣かもしれません。簡単なようで難しいのが“継続”だったりします。