Movable Type 3.3 がリリースされましたというエントリーより。

シックス・アパートは、本日ブログ・ソフトウェア「Movable Type」の最新版である、Movable Type 3.3 をリリースしました。すでにお伝えしたとおり、Movable Type 3.3 ではタグなどの機能強化が図られております。さらに標準で同梱するプラグインとして、デザインテーマを簡単に切り替えられるStyleCatcher日本語版プラグインや、表示するブログパーツの管理が簡単にできるWidgetManager日本語版プラグインをご用意しています。

リリースが延期されていた「Movable Type 3.3」ですが、1日遅れで正式リリースとなっています。

同時にプラグイン集「日本語版プラグイン・ディレクトリ」も公開されているそうで、これは嬉しいですね! 英語版だとやっぱり探しにくいこともありまして‥‥。

また今回のバージョンからライセンス体系が変更になっているそうです。

個人ライセンスは、ユーザー数/ブログ数に関係なく無償となりますので、より多くの方々にご利用いただければ幸いです(ただし、オンラインサポートは別途購入の必要があります)。その他、通常ライセンスにつきましては、オンラインサポートを購入後1年間とさせていただきます。

おお、個人ライセンスは無料になるのですね。個人の場合はそれほどサポートも必要としないでしょうから、嬉しい人も多いかも。Googleで検索すれば答えはいろいろ見つかりますからね。

早速、「日本語版プラグイン・ディレクトリ」で、アクセス解析が行える「StatWatch」なんていうプラグインを見つけてしまいました。これいいかも。

ブログのアクセス解析を行うプラグインです。Movable Typeの管理画面からブログのアクセス数、ユニークユーザー数、参照元(リファラ)、アクセスの多いページなどの情報を見ることができます。現在のバージョンではMySQLデータベースのみのサポートとなっています。

ページの分割ができる「MTPaginate」あたりも、今後は必要な機能になりそうですね。

エントリー数の多いアーカイブページにおいて、自動的にページ分けを行い、ナビゲーションリンクを表示します。本文のサイズが大きなエントリーにおいて、自動的にページ分けを行い、ナビゲーションリンクを表示します。エントリーや本文に限らず、カテゴリーや追記など任意のデータに適用できます。

Movable Type