【ジャパンブロガーカンファレンス】「ブログは自分を伝えるブランドに」有名ブロガーがブログの魅力を語るという記事より。

ブログを書き続けるモチベーションは「もともとバンドで音楽を作っていたこともあり、情報を発信して、見てもらうということが好き(コグレ氏)」と、ブログが趣味の一環になっているという。

BroadBand Watchに、先週末に開催された「ジャパンブロガーカンファレンス」の詳細なレポートが掲載されています。ということで、パネルディカッションに参加したぼくの話もチラリと。

確か橋本さんが「ブログを書くと運が良くなる」と言っていたと思うのですが、これはまさにその通りだと思いました。

少なくともパネルディスカッションに参加した人たちはブログがきっかけで転職なり新たな仕事をすることになったはずで、能動的にブログを書き続けることで「運が良くなる」というのは本当にそうだと思いました。

ぼくも書籍を執筆したり、自分が本になってしまったりなどいろいろありますが、全てはブログが出発地点です。

あとはブログはパーソナルブランディングのためのツールという話も出ましたが、それもその通りだと思いました。

仕事に関する話を書いても良いし、趣味の話を書いてもよい。それぞれにそれぞれのブログがあり、それがインターネット上に自分のコピーとして(ネット脳?)として公開されることで、多くの人に自分という人間を知って貰うことができます。普通に書き続けいけば、ブログ=自分というのが強く実感されるのではないでしょうか。

ということで、カンファレンスが終わった後になってからも、いろいろと考えている自分がいます。随分と刺激になったようです。