ブログから話題発掘、無線LANで映像伝送—NHKの新番組という記事。

NHKは、ブログやネットを活用した報道情報番組「つながるテレビ@ヒューマン」を1月14日から総合テレビで放送する。

NHKがブログを活用した新番組「つながるテレビ@ヒューマン」を2006年1月14日からスタートするそうです。毎週土曜日の22時58分から1時間の生放送番組。

ニュース + ドキュメンタリー + 視聴者参加型で、「心にしみる報道番組」を目指すそう。ドキュメンタリー好きとしては、チェックしないといけないですね。

NHK初となる番組ブログで取材過程や企画会議の様子を公開し、トラックバックで視聴者の意見を吸い上げる。個人のブログも巡回し、ニュースの種を拾い上げる。

ブログはこのように活用されるそうです。運用には大変な面もあるでしょうが、それだけに収穫も大きいのではないかと。NHKブログ記者とかやるのではなく、個人ブログを巡回してのネタ探しというのは良いかもしれませんね。

「これまでの番組制作は、過去の経験や勘に頼るところが大きかった。ブログを使って“発信する個人”とつながりたい」とチーフプロデューサー。

kizashi」を使い、ブログで話題になっているキーワードの抽出も行ったりするそうです。

また「@ヒューマン・つながるBOX」「@ヒューマン・バックパック」という「家庭用のDVカメラやWebカメラ、PC、XVD対応ハードウェアエンコーダー」もつくっており、視聴者がこれを使ってテレビに参加する(出演する)という企画も検討されているとのこと。

バックパックはキャスターが背負い、公衆無線LANや実験中のWiMAXなどを使い中継する仕組みだそうで、これもなかなか興味深い試みです。やはり見てみたいと思います。