WEBOSS、コンサドーレ札幌を支援できるオフィシャルブログサービスという記事より。

コンサドーレ札幌オフィシャルブログサービスは、同社が独自に開発したブログエンジンを利用して、コンサドーレ札幌の選手や運営会社である北海道フットボールクラブ(HFC)の役員などによるブログを公開する。

このサービスいいですね。札幌という地域がターゲットですが、もちろんインターネットですから全国に散らばるサポーターにアピールできます。

コンサドーレ関係者のブログということで、コンサドーレサポーターしか興味を持たないようにも見えますが、それでいいんです。サポーターの横の繋がりが強固になりそうです。

サポーター同志の繋がりというのは、積極的にスタジアムに通う人と、テレビで観戦していたりたまにしかスタジアムに行けない人では乖離してしまうのですよね。どうしても温度差が出てしまうと思うんです。

でも、心の底では同じ気持ちを持っている。だからこそ、一体になってサポートしていく必要があると思うんですが、そのためにブログというのは非常に良いツールではないかと思います。

コンサドーレサポーターもブログを開設できるそうで、これが進行していくと札幌を中心としたコミュニティ、つまり札幌 x Jリーグ x フットボールに特化した広告媒体が出来上がるということ。

WEBOSSは、同サービスの広告収入をHFCと分配するため、サービスを利用することでコンサドーレ札幌を支援できるとしている。

これですね。新たな媒体を作り広告を獲得していくというのは、クラブにとっても魅力でしょう。サポーターはブログを開設してせっせと更新することで、広告収入でクラブをサポートすることができます。オフィシャルでブログできるというのは、サポーターにとっては魅力的ですよね。

さらにコンサドーレ関連の素材なども使えるようになれば、サポーターとしても更新し甲斐があるかも。