オスカーと称されるWebby賞,ブログ部門とポッドキャスト部門が新設だそうです。

インターネットビジネスに携わる人たちの間では,権威ある賞となっている。最近のNY Times(June 21, 2005)でも「オンラインオスカー」と紹介され,一般のインターネットユーザーにも広く認知されてきた。

第10回Webby賞(2006年6月に表彰式)で、ブログ部門が拡充されて、さらにポッドキャスト部門が新設されるそうです。

拡充されるブログ部門は、

Blog - Business:専門分野やビジネス分野のブログ。
Blog - Culture/Personal:カルチャーやパーソナルトピックスをテーマにしたブログ
Blog - Political:政治ブログ

このような感じ。アメリカでのブログのカテゴライズを反映しているんでしょうか。

日本だと、

・ビジネスブログ
・個人ブログ
・論壇ブログ

という感じになりそうですが、論壇ブログはもっとうまい呼び方があるかも。

第9回Webby賞でもブログ部門があったそうですが、Boing Boingが受賞したそうです。

他には第9回では、

功労賞にインターネットを育ててきたゴア前副大統領が,時の人(Person of the Year)にClassified情報サービスcraiglistの創立者のCraig Newmarkが,そして最も躍進したサービスとして 写真共有サービスFlickrが選ばれた。

というようなサイトが受賞しており、craiglistとかFlickrはなるほどね、という感じですね。