スパム対策を拡充した「Movable Type 3.2」日本語版の公開ベータテストという記事より。

シックス・アパートは8日、ブログツール「Movable Type」の最新バージョン「Movable Type 3.2」日本語版の公開ベータテストを開始した。

いよいよ「Movable Type 3.2」日本語版のベータテストが開始されました。早速、インストールしている人もいますが、ネタフルではまだ試していません。正式版が出るまで待とうかどうしようか考えているところです。

3.2には、「Spam Fighter」という開発コード名が付けられており、スパム対策の拡充が大きなテーマの1つ。3つのモジュールから構成されるスパム対策用の新プラグイン「SpamLookup」が標準で搭載された。

やはり注目機能はスパム対策用の機能ですね。IPアドレス、ドメイン名、キーワードなどの条件から「迷惑コメント・トラックバック」を自動で判断し、さらに一定期間を経過すると自動的に削除してくれるそうです。これは便利だ。

さらに、

・コメント、トラックバック管理機能の強化
・パーマリンクのエントリー部分を自由に設定
・日本語向けスタイルシート
・プラグインモジュールの一元管理

などの機能強化が発表されています。

TypePadが対応した「携帯電話からの閲覧・編集やPodcastingへの対応」はMovable Typeではまだ実装されていなくて対応予定とのことなのですが、こちらも是非期待したいところですね。