米ワシントン・ポスト:記事にブログへのリンクを掲載という記事より。

米紙『ワシントン・ポスト』のウェブサイトは8月31日(現地時間)、同紙の記事を取り上げたブログへのリンクを、その記事のページに掲載する試みを開始した。

「記事の脇に、関連記事へのリンクを並べるのと同じ要領」で、ブログへのリンクを掲載しているそうです。

記事を取り上げたブログがある場合、ページの下の方に「Who's Blogging?」というコーナーを設け、ブログの一覧を示した。

テクノラティの技術を利用するということなので、日本の大手新聞社でも同様の試みは可能ではないでしょうか。どこが最初に始めるでしょうね。

ちなみに、ブログの記事を関連記事として紹介する試みは、エキサイトやライブドアのニュースコーナーでも行われています。例えばエキサイトの場合は、個別のニュースの下に「最近の関連するブログエントリ」としたコーナーがあります。

アメリカでは「ニューズウィーク」も積極的にブログを取り込んでおり、

「ブログ・ラウンドアップ」というページでは、過去1週間で最もブログに引用された記事のペスト10を掲示。コラムニスト別の関連ブログ記事一覧も紹介している。

といったコーナーを設けているそう。日本でも‥‥始められるでしょうか?