「ブログ」を知らなければビジネス失格――上半期の重要キーワードトップ10という記事より。

インターネットリサーチサービス「DIMSDRIVE」を運営するインターワイヤードは7月8日、Eビジネス研究所と共同で行った「2005年上半期のEビジネスキーワード」に関する調査結果を発表した。

「2005年上半期における『Eビジネスの重要キーワード』を挙げるとしたら何ですか?」という設問による調査結果が次のようになったそうです。回答は自由記入方式です。

ブログ(4749票)
アフィリエイト(1599票)
個人情報保護法・個人情報漏洩(453票)
ライブドア(392票)
光ファイバー(350票)
オンライントレード(335票)
RSS(326票)
無線LAN(298票)
M&A(295票)
スカイプ(231票)

「ブログ」が大差で1位になっています。注目度が高かったんです。2位はアフィリエイト。こちらもますます注目度は増していくでしょう。下半期はアフィリエイトがかなり熱いと思われます。

一部では非常に熱いですが、「RSS」が今これから、というのがよく分かりますね。「ライブドア」という企業名も面白いな。スカイプは大健闘でしょうか。