米TypePad、Kanoodle広告を簡単に掲載できるサービスを開始という記事より。

米Six Apartは21日、ブログASP「TypePad」上に簡単にKanoodleの広告を掲載し、ユーザーが利益を上げられるようにするサービスを提供すると発表した。

「TypePad Pro」ユーザー向けのサービスだそうです。

これまでにもGoogle AdSenseは掲載できたけれど、作業が難しかったとのこと。しかし、今回のKanoodleの採用により、簡単にコンテンツマッチ広告を掲載できるようになるそうです。これはユーザにとっては嬉しいです。

なお、Kanoodleは日本ではサービスを提供していませんので、アメリカだけのお話。残念です。

記事によれば、Google AdSenseが支払いの内訳を公開しないのに対して、Kanoodleは広告費を折半するとしており、一部では強い支持を受けているんだとか。確かに、不透明よりは透明な方が利用者は嬉しいもの。

日本でもGoogle AdSenseの対抗になるようなサービスが登場して、ユーザの選択肢の幅が広がると良いかも知れませんね。

なお、売上はTypePadの利用料に充てたり、PayPal経由で受け取ることができるそうです。

■関連記事

米Six Apart,ブログ・サービス「TypePad」で文脈型広告を導入する機能を提供

TypePadのProユーザーは,ブログ記事の文脈に沿ったスポンサ付きリンク(テキスト・ベースの広告)を追加できる。ブログの読者がリンクをクリックするごとに,手数料が入るしくみ。収入明細は,直接TypePadから確認可能。