米Ask Jeeves、「Bloglines」上で荷物の配送状況を確認できるサービスが始まったそうです。

同サービスは、Bloglines上の「MyFeeds」に組み込まれる。ユーザーは、米FedEx、米UPS、米国郵政公社(USPS)による荷物の配送状況が確認できるようになった。同サービスでは、米国内だけでなく国外向けの荷物の配送状況も知ることができるが、情報は英語で表示される。

「Bloglinesは、忙しい人が職場、学校、出先でも1日中より生産的でいられるように、あらゆるダイナミックな情報を集積する万能型の受信トレイ『Universal Inbox』のようなものである」ということで、様々なデータを受信し表示するためのアグリゲータとして発展いくようです。

将来的にはウェブメール機能も当然のように内包され、とりあえず「Bloglines」にアクセス、という状況も生まれるかもしれません。

■関連記事

米Bloglines、ブログ以外の情報もリアルタイム追跡する方針を発表

Bloglinesはこうした方法によって、個人の生活とより密接な関係を持つ情報、例えば天気予報や株価ポートフォリオの表示などもBloglinesから利用できるようにする方針だ。