米SixApart、若者向けブログサービス「LiveJournal」を買収です。

米SixApartは6日(現地時間)、ブログサービス「LiveJournal」を提供する米Danga Interactiveを買収したと発表した。買収後のユーザー数は650万人に達するという。なお、買収金額などの詳細は明らかにされていない。

噂はありましたが、SixApartの「LiveJournal」買収が正式発表されました。「LiveJournal」のユーザ数は86万人で、合計で650万ユーザになるそうです。

Danga Interactiveは、1999年にBrad Fitzpatrick氏が設立した米オレゴン州ポートランドの企業。10代、20代の若者を中心とした86万人にブログサービス「LiveJournal」を提供している。買収後はFitzpatrick氏がSixApartの技術主任に就任する。Dangaの従業員もSixApartに転籍し、SixApartのMovable TypeやTypepadとは別部門でLiveJournalも継続する見通しだ。

「LiveJournal」の買収で若者層を取り込み、さらに技術者もうまい具合に合流することで、さらなるパワーを発揮しそうな予感。日本のシックスアパートも次々にスタッフが増えているようですし、今後が楽しみですね。

「LiveJournalは一般ユーザー向けに、Typepadは熱意のあるブログユーザー向けに、Movable Typeはパワーユーザーや企業、研究所向けに提供する」そうです。

さらに驚いたのは、「LiveJournal」のサイトに行ったら、なんと日本語化されていたんですね。完全に日本語化されている訳ではないのですが、ある程度英語ができる人だったら、「LiveJournal」でブログを運用するのも難しくなさそうです。

LiveJournal

■関連記事

Six Apart、同業ブログサービスのLiveJournalを買収

LiveJournalはSix Apartに吸収されるが、両社は別の事業部として存続し、コミュニティーは継続するという。Dangaの社長兼開発トップであるブラッド・フィッツパトリック氏はSix Apartのチーフアーキテクトとなり、Six Apartのほかの製品にも関与する。ただし、両製品の開発チームは別個に存続する。

Six Apart、Blog コミュニティ『LiveJournal』の運営会社を買収

今回の買収により Six Apart は、ユーザー数100万人ほどの小規模な新興企業から、ユーザー数650万人を抱える企業にのし上がった。毎週86万人が Blog を更新する LiveJournal を獲得したことにより、アクティブユーザーが増えただけでなく、ユーザー層も広がった。LiveJournal は主に10代および20代のユーザーが占め、Six Apart は主に20代後半から30代半ばまでのユーザーが占めているからだ。