「梅田望夫・英語で読むITトレンド」が最終回を迎えています。最後のエントリー最終回・Blogを26カ月続けてみてより。

CNET Japanもさらなる飛躍を期して新しい体制で2005年を迎えるとのこと。山岸君も何か新しい挑戦に向けて準備をしている様子。ちょうどキリがいいので、2004年末をもって本欄を終了させていただくことにした。

実にCNET Japan上では21ヶ月に渡り続いた連載だったそうです。「梅田望夫・英語で読むITトレンド」が、日本のブログ黎明期に及ぼした影響は計り知れないと思います。ぼく自身も、改めて自分のことを振り返ってみたり、AppleやGoogleのことを考えるきっかけを貰ったり、毎日楽しみにしている連載でした。今後ははてなダイアリーでMy Life Between Silicon Valley and Japanとしてブログは続けていくそうなので、そちらを楽しみにしたいと思います。

梅田さん、本当にお疲れ様でした。

さて「山岸君も何か新しい挑戦に向けて準備をしている様子」と書かれているように、CNET Japanは2005年1月1日から新体制になるそうです。山岸編集長のブログのエントリー梅田さん最終回によれば、

CNETの方は梅田さんが「CNET Japanもさらなる飛躍を期して新しい体制で2005年を迎えるとのこと。山岸君も何か新しい挑戦に向けて準備をしている様子」と書かれているように、2005年1月1日より新任編集長を迎え、次のフェーズへ向かいます。僕自身はCNET Japanの仕事にはひとまず区切りをつけ、新しいポジションでインターネット業界の発展に尽力したいと考えています。

ということになるそうです。「ウェブ媒体の編集者という仕事を離れ」とありますが、何を始められるのでしょうか? 新天地のご活躍をお祈りいたします。