マイクロソフト、ブログサービス「MSN Spaces」ベータサービスを開始するそうです。

マイクロソフトは、同社が運営するポータルサイト「MSN」において、ブログサービス「MSN Spaces」のベータサービスを8月10日より開始する。ベータサービスの参加は無料で、正式サービスは2004年秋を予定する。

かなり遅いですが、MSNもブログサービスに参入するようです。OEMではなく、携帯電話向けのコミュニティサービス「魔法のiらんど」を運営するティー・オー・エス(TOS)と共同で運営するとのこと。PCと携帯電話の両方でブログの編集・閲覧ができるそうです。「ボーダフォンは現段階では利用できない」なにーっ! って、今のところ使う予定はないから良いですけど。

機能は順次拡張予定で、テンプレートの導入、Windows Media Playerとの連動、Mac OS Xのサポート、MSNメッセンジャーやHotmailといった他のMSNサービスとの連動が予定されている。

Mac OS Xもサポートしますか。正式サービス開始後は、有料サービスも導入の予定とか。「1年間で100万人のユーザーを獲得、最大規模のブログを目指す」ということですが、来年の秋に果たしてどうなっているでしょうか。

「私個人のお約束として、MSN Spacesでブログを始めます。いつまで持つのか、厳しい目でご評価、閲覧ください」とバイスプレジデントの古川氏もコメントしています。楽しみです。遠くに感じる人たちも、ブログを書き始めると途端に身近に感じるんですよね。トラックバックでもできようものなら、直接意見を届けられる訳ですから。

■関連記事

MSN、Blogサービス「MSN Spaces」を開始 - 日本でこそ開花するサービスを

古川氏はBlogについてメールとWebサイトの中間に位置する、と指摘。「日本でこそ開花するサービス」と強調する。同社によれば日本は米国に比べ、Webサイトなどの「メンバーコミュニティ」への参加者が約2倍いるそうだ。「発信する人も読む人も多いカルチャーがある」(マイクロソフトMSN事業部サービス部コミュニケーションサービスグループ 丸岩幸恵ディレクター)。