BIGLOBE、独自開発のブログサービス「ウェブリブログ」 というニュース。

ウェブリブログは、NECの独自開発によるブログサービス。同時に提供を開始する新着ブログ紹介サイト「ウェブリタイムズ」、オンラインアルバム「ウェブリアルバム」のほか、2003年6月より提供しているWebメールサービス「ウェブリメール」を含んだウェブリシリーズの一環として提供される。

ここまでくると、無料ホームページスペースと同じような扱いですね。あって当たり前のサービスとして導入されています。カフェ会員やコンテンツ会員も登録できるため、BIGLOBE接続会員以外でも使用可能です。が、確かクレジットカードの番号を入力する必要があるので、それで断念する人も多いかも。ぼくもウェブリメールを使おうとして断念した一人です。

ウェブリブログの登録ユーザー数については、2003年12月末現在で接続サービス会員が419万人、うちブロードバンド接続会員数が77万人という数字を前提として「2004年度で100万ユーザーを目指す」という目標が語られた。

これはかなりの目標ですね。もちろんサービス提供をする以上、なにがしかの目標はあってしかるべきだと思うのですが、既に無料ホームページスペースと同じようになっている以上、ガンガン獲得していく、というのとはちょっと方向性が違うような気もします。もっと緩やかな感じでも良いような気もしましたが。既に後発組ですしね。

ウェブリシリーズの「ウェブリ」とは「いつでも(Everytime)、どこでも(Everywhere)、誰でも(Everybody)」を意味する「Every」と「Web」を組み合わせて作られた造語。

なるほど~。

■関連記事

BIGLOBE、自社開発の Blog サービスを開始

ユーザーがあらかじめ記事ごとに設定したテーマをもとに、複数の記事が集まったら自動的に「テーマポータル」が作成される。書き込みの多いテーマについてはナビゲーションサイトトップにランキング表示される。テーマから記事を検索することもできる。

トラックバックもワンクリック 「30秒投稿」でBIGLOBEがブログ参入

BIGLOBEの各Webサービスと連携したのも特徴だ。同日オープンするアルバムサイト「ウェブリアルバム」上の画像をブログに表示できる。Webメール機能「ウェブリメール」にも記事投稿フォームを備え、メールの文章や添付写真も掲載できるようにした。また、BIGLOBEの芸能・スポーツニュースサイト記事面の下部にもブログ入力フォームを用意。書き込めば、ブログ上に記事へのリンクとコメントが掲載される仕組みだ。