進化するブログとその周辺という特集がZDNNにあり、第一回としてRSSリーダー総まくり――海外製ツール編が紹介されています。

ユーザーが、ブックマークを使いブラウザでニュースサイトやブログを巡回するには多くの時間を必要とする。しかし、RSSリーダーを立ち上げておけば、登録してあるサイトを自動的に巡回し、新しい記事があればそれを表示してくれる。記事のタイトルを眺め、興味のある記事のみつまみ読みをしていけばよい。情報収集にかける時間が大幅に短縮できるのだ。

基本的にはRSSを読むことができるアプリケーションソフトが紹介されています。海外製ということで文字コードの問題があったりするんですが、その辺もきちんとまとめられています。ただ英語版なので、誰でも気軽にということになると、国内製の特集が楽しみです。

ただ、閲覧を中心とした高機能が必要ないのであれば、WebベースのRSSリーダーが便利ではないかと思います。会社・学校・自宅でそれぞれ読むことが多い場合、リストを同期させるのは結構手間だったりします。そういう時にWebベースだと楽ですね。個人的にはねこすけリーダーを使用しています。

■関連記事

RSSリーダーは便利

RSSとは?で少しRSSリーダーについて触れましたが、具体的にどのようなソフトがあるのか、というのをご紹介します。