ARTIFACTでまとめられている「Weblogツールリスト」というエントリーを見ていて、改めてMac OS X向けに作られた「iBlog」というツールが気になったので少し使ってみました(HTMLアップロードタイプのところに掲載されています)。

実はこのツールが非常によくできていまして、有料なんですが、もしMovable Typeをインストールできなければ登録してただろうなぁ、と思いました。もちろんMac OS Xという環境に依存する部分はありますが、Mac OS XユーザでWeblogに興味のある人にはお薦めしたいです。まず、ローカルのアプリケーションでサイト管理をするので、CGIなどのプログラムの知識の必要はありません。標準のテンプレートを使用すると、Movable Typeライクなデザインになるようですが、もちろんテンプレート・スタイルシートも自分でいじれますので、HTMLが分かる人はオリジナルのデザインに挑戦するのもいいでしょう。ローカルでエントリーを作成しアップロードするという、Weblogに特化したある種のHTMLエディターのような役割と言えば分かりやすいでしょうか。Mac OS Xで動作するアプリケーションということで、インターフェースも分かりやすいものとなっています。最近はiBlogによるサイトも増えてきているようですね。

iBlogのTips
現在はベータ版ですが、正式版では日本語にも対応するようです。それまでは、このiBlogのTips
を参考に日本語化等をすると良いでしょう。

iBloggers in japanese / 日本語の iBlog sites
iBlogを使ってどのようなサイトが運営されているのか知りたい方は、こちらにリンクがまとめられています。