六本木でMoblogに関する「第1回International Moblogging Conference」というカンファレンスが開かれ、それに関する記事がCNETから二つ。MoblogはMobile blogのこと。移動しながらblog、ですね。

Moblogはビジネスになるか?――-六本木で熱い議論
「MoblogとGPSが街の生活を変える」:Moblog提唱者が語る

個人的にも、このネタフルでMoblogしています。ときどき小さい画像付のエントリー(記事)があるのですが、あれは携帯電話(J-Phone)から写メールを送信して更新しているんです。デジカメだとパソコンに繋いでリサイズして、とか面倒なんですが、写メールだったらサイズ的にもぴったりで申し分なし。他にもCLIEなどのカメラ付PDAでも大丈夫です。

ちなみに、ネタフルで活用させて頂いているのは、hirataさんが運用されているASPです(説明はココで)。最初、なかなか設定がうまくいかなくて、何度もhirataさんに助けて頂きました。その節はありがとうございました。

一方、課題としては、携帯電話からの通信コストが高いこと、アプリケーションがまだ限られていること、裸の写真など、法に触れるような画像をどう規制するかといった点が挙げられた。また、Moblogがビジネスになるかという点についても、Moblogシステムの運営者たちは趣味として行っていることが多く、今後の課題という。

課題はありますが、何より手軽で、たくさんの人が持っている携帯電話で対応できる、という利点は大きいと思います。エントリーに小さな画像がくっついているだけで、また違った印象になりますしね。ビジネスという視点からは、hirataさんは自宅サーバでMoblogのサービスを運用しているそうですが、安定的に稼働させるための方法を模索されているそうです。ぼくは月々100~200円くらいだったら、有料でも利用したい、と思います。少額だと決済の問題や、有料になればサービスの質の問題などが出てくると思うので、そのあたりをうまくクリアできると良いのですが。個人的にはドネーションみたいな形で協力できればなぁ、なんて思ってもみたり。

――――――――――――――――-
この後、ソニーがMoblogに見るビジネスの可能性とは?という記事も拾いました。今回のカンファレンスには、ソニーがスポンサーとして名を連ねていたようです。

Moblogは個人が情報を発信するのをさらにやりやすくした、と言えるでしょう。家に帰ってからパソコンに向かって書くとなると、かなりのエネルギーが必要になります。しかしMoblogはその場その場での情報の発信です。

同感。家に帰ってビールを1本飲んで、さらにゴロ~ンなんてししてしまうと、なかなか立ち上がれない(笑) 家に帰り着くまでの“脳”が切り替わる前の状態の時なら、携帯からアイデアを入力するのも苦にはならないですね。