スポンサードリンク

折りたたむとブリーフケースサイズになる電動スクーター「UrmO」

スポンサードリンク

折りたたむとブリーフケースサイズになる電動スクーター「UrmO」

電動スクーター「UrmO」-折り畳むとブリーフケースサイズにという記事で知ったのですが、いいですね、これ。本当に片手で持ち運べるくらい小さくなってます。

「UrmO」は折り畳むとブリーフケースサイズになる電動スクーター。ドイツ ミュンヘンに本拠をおくスタートアップ企業UrmOが開発した。

スポンサードリンク

UrmO」がウェブサイトなのですが、2018年10月8日よりKickstarterに登場するそうで、実際に入手可能になるのですね!

折りたたむとブリーフケースサイズになる電動スクーター「UrmO」

セグウェイのように、体重移動で操作するそうです。最高速度は時速15km、フル充電で20kmの移動が可能です。

折りたたむとブリーフケースサイズになる電動スクーター「UrmO」

本当に小型ですね。ラストワンマイルを「UrmO」で移動するというのは現実的。

キャンペーンでは1,000ユーロ程度で「UrmO」を1個入手可能だ。キャンペーン終了後の小売り価格は2,000ユーロ程度となる予定。

1,000ユーロというと、約13万円です。

まあでも、日本の公道では乗れるようにはならないと思うのですが‥‥。

スポンサードリンク

前へ

【かっぱ寿司】ランチとディナーが食べ放題「食べホーMAX!!」対象店舗を拡大 〜東京・埼玉も

次へ

米マクドナルド、バーガーから保存料や着色料などの人工添加物を排除へ