Yamaha tricity 0215

元AKB48の大島優子も登場した、ヤマハの三輪バイク「TRICITY(トリシティ)」の記者発表会を終え、試乗会にも参加しました。試乗会の様子と、その前後に撮影した「TRICITY(トリシティ)」の写真をお届けします。

#先にヤマハから三輪バイク「TRICITY(トリシティ)」登場!CMキャラの大島優子も免許取得を宣言「二輪免許を取ることにしました!」からご覧ください!

記者発表会の会場に展示してあった「TRICITY(トリシティ)」

記者発表会の会場に展示してあった「TRICITY(トリシティ)」は、カーブや凸凹の道をどう走るのか、というシミュレーションが行われていました。

Yamaha tricity 0239

光る海が見えてきそうな左カーブ。

Yamaha tricity 0240

右カーブ。

Yamaha tricity 0243

「TRICITY(トリシティ)」の本領発揮。左右でこんなに凸凹が違っても、見事に吸収しています。

Yamaha tricity 0244

開発者の方曰く。

だそうですので、これは是非とも凸凹の道を試乗してみたいと思いました。

「TRICITY(トリシティ)」試乗会の様子

Yamaha tricity 0247

記者発表会の会場は秋葉原UDXだったのですが、地下2階の駐車場半分くらいが、試乗会の会場となっていました。バイク経験のないビギナークラスは直線を行ったり来たり、経験者は周回コースを2周しました。

ぼくは中型二輪AT限定免許を持っており、普段から110ccのスクーターに乗っているので経験者コースにしました。前輪が2つあるのはどんなものかと思ったのですが、走り始めて最初のカーブで、思ったよりも深く傾斜することに驚きました。とはいえ、1周したら慣れて、普通にハンドリングすることができるようになりました。

110ccとの差は15ccですが、それ以上の差を感じるパワフルさでした。街乗りには十分な性能なのでしょうね。車輪が多い分、重量は重くなる訳ですが、取り回しという観点からすると、前輪の安定感はあると感じました。もう少し長く乗れると「TRICITY(トリシティ)」の特性が分かると思うので、モニターに申し込んでおこうと思います。二輪とは違う楽しさが感じられそうなんですよね。

「TRICITY(トリシティ)」あちこちから撮影した写真

最後にあちこちの方向から撮影した「TRICITY(トリシティ)」の写真を掲載しておきます。

Yamaha tricity 0250

Yamaha tricity 0251

Yamaha tricity 0252

Yamaha tricity 0253

Yamaha tricity 0254

Yamaha tricity 0271

Yamaha tricity 0272

Yamaha tricity 0273

Yamaha tricity 0274

Yamaha tricity 0275

荷室はフルフェイスのヘルメットが入ります。

大柄のおじさん二人でタンデムすると↓のような感じです。

改めて、これで33万円は安く感じてしまいますね。実際の乗り出し価格はいくら位になるのでしょうか。気になります。「TRICITY(トリシティ)」は2014年9月10日より販売開始となります。