スポンサードリンク

キリンが投入した「本麒麟」は美味い?まずい?美味しいと聞いたので呑んでみた【感想】

スポンサードリンク

キリン 本麒麟 感想

キリンが投入した新ジャンルのビール「本麒麟」が美味しいと聞いたので呑んでみました。赤いパッケージデザインで、キリンとしても気合いを入れた新ジャンルのビールとなっているようです。

スポンサードリンク

「本麒麟」は美味い?まずい?

ドイツ産ヘルスプルッカーホップ(一部使用)の爽やかな苦みが効いた、力強いうまさとコクが売りの「本麒麟」。キリンビール伝統の低温熟成期間を1.5倍にした、長期低温熟成を採用し雑味がなくコクのある味わいに仕上げられているそうです。

キリン 本麒麟 美味い?まずい?

結論からと言いますか、ひと缶を呑んだ感想としては美味しいと思いましたし、よい新ジャンルのビールだと思いました。

ただ、どうしてもやはり一口目ですよね。スピリッツを使用しているので、ビールの中に異種のアルコールを感じてしまったというか。

「金麦」や「麦とホップ」あたりだとあまり感じない感覚なので、もう少しスピリッツ感がないとコンビニで手が伸びるかな、と。

でも十分に美味しいです。あえて言うなら、といったところですね。

アルコール度数が6%と少し高めなのは嬉しいところ。

「本麒麟」のカロリー・糖質

「本麒麟」の100mlあたりのカロリーと糖質です。

キリン 本麒麟 カロリー

「本麒麟」の100mlあたりのカロリーは47kcal、糖質は2.5gです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

大阪城のたこ焼き店が3億3,000万円の所得を隠し1億3,000万円を脱税か

次へ

【Kindleセール】最大55%オフ!翔泳社の技術書