スポンサードリンク

新旧「オールフリー」を飲み比べしてみた2018

スポンサードリンク

All free 31137

2018年2月13日より、ノンアルコールのビールテイスト飲料「オールフリー」のニューバージョンが発売開始となりました。昨夏は箱買いして氷たっぷりで日中から飲んでいたので、もちろん新しくなった「オールフリー」も気になります。早速、コンビニで新しい「オールフリー」を調達し、旧バージョンと飲み比べをしてみました!

スポンサードリンク

新しくなった「オールフリー」

香取慎吾の稲垣吾郎がCMをするということでも話題になった新しい「オールフリー」のパッケージは、旧バージョンのホワイトを貴重としたものから、濃いブルーのアクセントのあるものへとアップデートされました。

All free 31131

ロゴのフォントは変わりませんが、色はブルーになっています。ノンアルコールという表記が移動したこと、さらには糖質ゼロ、プリン体ゼロといった機能性をアピールしているのが、新バージョンとなります。

All free 30639

まずは普通に一口飲んでみます。むむっ。

思っていたより‥‥というか、旧バージョンよりも味が濃くなった印象があります。麦感が強まった気がします。この時点で思ったのは「少し苦手な味かも」ということでした。ガブガブと飲むには味が濃いように感じたのです。

新旧オールフリーを飲み比べてみる

All free 31131

ここで旧バージョンも飲んでみると、やはり味の強さが違います。甘めで主張が少なめの旧バージョンと、麦ムギした主張のある新バージョンといった違いがあるように感じました。

ここまでなら「旧バージョンの方が好みカモ」と思ったのですが、食事とあわせると印象が変わりました。

All free 30513

マクドナルドでチキンタツタを購入してきてまして、平日のランチにハンバーガーを食べながら「オールフリー」を飲む、ということを試してみたのです。

味の濃い、こってりしたハンバーガーを食べた後に新しい「オールフリー」を飲むと、食事に対して味わいがちょうどよく収まるのです。旧バージョンの「オールフリー」だと、逆に甘さが際立ってしまうように感じました。

新旧オールフリー、どうなんだろう?

パッと飲んでみた印象だと、個人的な好みは旧バージョンの「オールフリー」でした。しかし、食事と合わせるなら新バージョンの「オールフリー」とも感じました。

ビールの代わりに飲むというマーケットを考えると、間違いなく食事の席で「オールフリー」が飲まれることが多いのでしょう。夏場に氷でキンキンに冷やして飲むのも美味しいですが、それはあくまでも特殊なケースのはずです。

そう考えた時に、食事と合わせる「オールフリー」となると、旧バージョンだとパンチが弱かったのかもしれません。単体としては完成度が高かったはずですが、食事とのニーズに合わせた改良が、新しい「オールフリー」では施されたのではないか‥‥と感じました。

また、味が濃くなることで、氷でキンキンに冷やす「オールフリー」の飲み方をしても、氷がとけて薄まるのも最小限にできるかもしれません。

以上のような感想を、新旧の「オールフリー」を飲んで感じました。ぜひみなさんも試してみてください!

スポンサードリンク

前へ

「ポンキッキーズ」45年の歴史に幕、どうなるガチャピン&ムック?

次へ

【動画】もしもMy Hair is Badが「マックのポテトが揚がる音」を演奏したら