ブランド初となる無濾過ビール「グランドキリン 梟の森」も発売されましたよ! コンビニ限定で発売しているキリンのビール「グランドキリン」のイベントが、2015年12月11〜12日に六本木ミッドタウンで開催されました。

六本木ミッドタウンで開催されたのは、アツアツのチョコフォンデュと雪冷えのグランドキリンのマリアージュを楽しむことができるイベント「GRAND KIRIN WINTER BEER GARDEN」です。そのレポートをお届けします!

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

今回のイベントは、200円で「グランドキリン」とチョコフォンデュを楽しめるというもの。さらに、イグルーの前で記念撮影してハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、お土産に1本貰えるという企画です。

入口で200円を支払い(それにしても安い!)、チョコフォンデュのセットとビールを受け取ると、テーブルに案内されます。

テーブルにはコンセントがあり、それぞれがチョコフォンデュのマシンを使うことができます。どうやってチョコフォンデュするのかと思ったのですが、まさか個別のチョコフォンデュマシンだったとは!

「グランドキリン」を頂きます。これは新発売の「梟の森」ではなく、通常の「グランドキリン」です。確かにコクと香りが際立ちますね。ゆったりと飲むのに、良さそうです。

ビールを飲みながら、チョコフォンデュも頂きます。イチゴにチョコが美味しくない訳がない! 意外に、甘いものとビールは合うんです。「グランドキリン」に合わせるのは、スパイシーなものや苦味のあるものがオススメということで、このチョコもビターチョコなのでしょう。いちごの甘さと合います。それを「グランドキリン」でクピクピっと(グビグビというよりはクピクピ)。

続いて、チーズ。え、チーズとチョコ!? と思ったのですが、これまた意外に合うんです。面白いなぁ。ビターなチョコとチーズのマリアージュ、そこにまた「グランドキリン」をクピクピっと。

チョコフォンデュをしながらビールを飲むというのは、冬の夜にいいアイデアだと思いました。少しずつつまみながら、ゆっくりとビールを飲むのに合いますね。

こちらはイグルーです。日本風に言えばカマクラでしょうか。みなさん、記念撮影して「グランドキリン」のお土産を貰ってましたよ。「雪があるからテンションあがる!」と言いながら会場に向かうお姉さんたちも見かけたくらいです。

お土産の「グランドキリン」は、ノーマルバージョンと「梟の森」から選べます。せっかくの新発売ということだったので、ぼくは「グランドキリン 梟の森」をお土産に頂きました。お姉さん、ありがとうございました!

「グランドキリン」とは?

「グランドキリン」のキャッチコピーは「それは、趣味と呼べるビールです。」。ゴクゴク飲み干すのではなく、ゆっくりと味わいながら飲むビールだそうです。

コンビニ限定発売で、黒い瓶にゴールドのキリンロゴが印象的です。「グランドキリン」と「グランドキリン 梟の森」の2種類があります。

グランドキリン

専用の「ディップホップ」製法で、ホップの香味と余韻が引き立ちます。豊潤なコクと香りのあるビールで、濃厚なビターチョコレートが合います。キリンビール最大の麦芽使用量です。

グランドキリン 梟の森

2015年12月8日発売のウィートストロングエールタイプです。チェコ産ザーツポップを使用した、無濾過ビールです。小麦感が強くて、個人的にも好きな味わいです。レーズンやいちじくの凝縮した甘みに、ドライフルーツが合います。ラベルが梟でかわいいです。

暖かい部屋でゆったりとした時間を過ごすためのビール

日本のビールも変化しているのを感じます。キレやのど越しが持てはやされた時代が終わり、ゆっくりビールを味わう時代です。そんな中「グランドキリン」は冬にぴったり。暖かい部屋で冷たいビールが徐々に味わいを変化せていくのを楽しむことができます。コンビニで見かけたら、ぜひ!