Suntory brown ale 1975

サントリーから「クラフトセレクト」というビールのシリーズの新製品が発売されていました。飲んでみたら美味しかった「クラフトセレクト ペールエール」に続いて、同時に発売された「クラフトセレクト ブラウンエール」も飲んでみました。見た目は苦そうなブラウンだったのですが、実際にはそんなことはなく、優しいコクで美味しかったです!

サントリー「クラフトセレクト ブラウンエール」飲んでみた

Suntory brown ale 1968

2015年5月12日に「クラフトセレクト ペールエール」と同時発売された「クラフトセレクト」シリーズの第1弾です。同じく限定醸造です。

Suntory brown ale 1970

商品の特徴が分かりやすく示されているのが本製品の特徴なのですが、それによると旨み、香りがあり、苦みは少なめということです。

Suntory brown ale 1973

ブラウンからは苦みを想像していたのですが、飲んでみると逆に苦みは少なく、高い香りが美味しいビールでした。

クラフトセレクト ペールエール」か「クラフトセレクト ブラウンエール」かというと、ぼくは前者が好みだと分かりました。華やかな柑橘系が好きみたいです。というように、自分の好みを探るのに、飲み比べしてみると良いでしょう。

「クラフトセレクト ブラウンエール」カロリーと炭水化物

Suntory brown ale 1969

「クラフトセレクト ブラウンエール」のカロリーと炭水化物は次のようになっています(100mlあたり)。

カロリー:46kcal
糖質:3.60g