2011-07-15_1721.png

YouTube、日本語動画に自動で字幕つけられる新機能だそうですよ。なにそれすごい。音声認識技術を使うそうです。

グーグルは7月14日、YouTube動画に自動で字幕をつける「自動キャプション機能」の日本語版を公開した。音声認識技術を使って日本語の動画に自動で字幕がつけられるようになった。自動翻訳機能も組み合わせると、手間をかけずに多言語の翻訳字幕もつけられる。

日本語の音声が入っている動画は「cc」というボタンから「音声を文字に変換」を選択することで、音声認識技術により自動的に字幕を付けることが可能です。

2011-07-15_1725.png

おかしな認識をすることもあるのですが、徐々に改善されていくのでしょうね。

また「キャプションを翻訳」することで、音声認識した字幕を多言語に翻訳することができます。

2011-07-15_1726.png

すごい機能ですね、これは。

「自動キャプション機能により日本国内にあるコンテンツを海外にも発信できるようになる。自動翻訳を使えば日本語がわからないユーザーにも届く」とYouTubeのプロダクトマネージャーはコメントしています。