民放ラジオ13社、ネット同時送信へ 首都圏・関西という記事より。

在京、在阪の大手民放ラジオ局13社が3月から、ラジオ番組をインターネットに同時に送信する新サービスに乗り出す。電波で流れている放送がCMもふくめて同時刻にパソコンで聴けるようになる。

大きな一歩になるでしょうか。在京、在阪の大手民放ラジオ局13社が、CMも含めて同時にインターネットに送信するサービスを開始するそうです。

同時送信を始めるのは、在京のTBSラジオ▽文化放送▽ニッポン放送▽ラジオNIKKEI▽InterFM▽TOKYO FM▽J―WAVEと、在阪の朝日放送▽毎日放送▽ラジオ大阪▽FM COCOLO▽FM802▽FM OSAKAの計13局。

専用のウェブサイト「RADIKO」を開設し、専用ソフトなしに無料で聞くことができるようになるということです。

地方局に配慮して、当面は聴ける地域を制限するとしている。在京局は首都圏の1都3県、在阪局は関西の2府2県のパソコンからしか聴けないような仕組みを工夫するという。

地方局が聞かれなくなってしまうから、という懸念だと思いますが、逆に地方のラジオが日本中で聞かれるチャンスにもなるようになれば良いですね。

先日もいしたにさんが金沢のラジオに出演したり、ぼくが神戸のラジオに出演したりしているのですが、関東で聞けないのが残念でした。

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へという記事も。

「ネットで聞けるラジオ」は、今年3月から半年を試験期間とし、9月から本格運用とする模様。試験期間とはいえ登録は不要で、特別なソフトも必要としない。配信方式は「Adobe Flash Player」を選んだ。

やはり再生にはFlashですね。

「Twitter(ツイッター)」などのソーシャルメディアでは、テレビやラジオの話題で盛り上がることが多く、ネットと放送の相性が良いことが分かってきた。

そうそう、盛り上がります。

「ネットでの同時送信を機に、ラジオ局の聴取者が反転して増えている」という調査結果もあるのだとか。どこでもヘッドフォンが普通の世代が増えているので、音楽だけじゃなく‥‥というのは分かる気がしますね。

TOKYO FMはiPhoneアプリでラジオの再送信を行っています。同じように、ぜひiPhoneからも聞けるようになると良いのですが。「KeyHole」とかを使うと簡単なんですけどね。