GoogleがYouTube動画に自動で字幕,日本語への翻訳も可能にという記事より。

米Googleは米国時間2009年11月19日,同社が運営する動画投稿サイト「YouTube」で,動画再生時に自動で字幕を付ける機能「Auto-caps(automatic captions)」を追加と発表した。

GoogleがYouTubeに、動画再生時に自動で字幕をつける「Auto-caps(automatic captions)」という機能を追加したそうです。

さらりとしたニュースですが、音声認識して自動で字幕をつけるのですから、かなりすごいんじゃないかと思います。翻訳機能もあるので、英語のニュースとかその場で日本語で見られるってことですよね?

これまで字幕を表示するには,動画の投稿と同時に字幕を記述したファイルをアップロードしなければならなかった。この方法ではユーザーに負担がかかり,YouTubeにある膨大な動画すべてに字幕を付けるのは困難と判断。機械生成による方法も採用することにした。

そりゃ、確かにユーザが自分で字幕をつけるのは難儀ですが、だからといって自動にしてしまうあたりが、さすがGoogleですね。

映画などの字幕と同じく人物がまだ話し終えていないセリフもあらかじめ表示する。また字幕は翻訳することもできる。約50の言語に対応しており日本語表示も可能。

精度の問題はあるのでしょうが、ものすっごく期待してしまいます。

現在のところ、対応しているのは一部のチャンネルです。ということで、対応しているYouTubeチャンネルを試してみたのですが‥‥

2009-12-01_1049.png

本当だ! 翻訳までできる! すごい!