米ユーチューブ、映画のネットレンタル検討という記事より。

米インターネット検索大手、グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」が、ネットを通じた映画のレンタル事業に参入を検討していることが2日分かった。米メディアが伝えた。

YouTubeが、ネットによる映画のレンタル事業に参入することを検討中だと伝えられています。

「不況の影響で苦戦しており、多角化を図る狙い」ということですが、個人的には賛成です。

スカパーで浦和レッズのアウェイの試合中継があってお金を払うのもやぶさかでないんですけど、アンテナとかチューナーとか考えると、二の足を踏むんですね。

先日、ニコニコ動画で生中継された「Superfly」のライブとかそうですけど、いまある回線で、PCで、ウェブブラウザで見られる手軽さが必要なのではないかと思います。

なので、YouTubeが現状の仕組みを使って映画のレンタル事業を開始するのであれば、けっこう面白いのではないかと思います。

利用料金は1作品当たり3・99ドル(約400円)程度となりそう。グーグル従業員がテストし実用性を高めた上で実際に事業化するかどうか決める。

とはいえ、日本では難しいのでしょうねぇ‥‥子ども向けアニメとかあれば、喜んで参加したいですが。

■関連記事

「ユーチューブ」映画のネットレンタル検討

ネットを通じた映画配信分野で先行する米電子機器大手、アップルやネット小売り、アマゾン・コムを追い上げる。

400円程度で…ユーチューブ 映画のネットレンタル検討

一般利用者らの投稿を基に無料で短時間の動画を配信する現行サービスは広告収入に依存。不況の影響で苦戦しており、多角化を図る狙いだ。