ウィルコム、山手線内エリアで次世代PHSサービス「XGP」を開始--4月27日よりという記事より。

ウィルコムは4月22日、2009年秋に予定している次世代PHSサービス「XGP」開始に先駆け、エリア限定で4月27日より実験サービスを開始すると発表した。期間は9月30日までを予定。

ウィルコムの次世代PHSサービス「XGP」の実験サービスが、エリア限定で開始しました。

データ通信ではイーモバイルが躍進してますから、ウィルコムとしても早く「XGP」を大きく展開したいところでしょう。

速度は上り・下りともに最大20Mbps。山手線内の一部を対象エリアとする。料金は無料で、PCカードタイプの専用端末を貸し出すという。

ぼくもウィルコムは長く使ってましたし、イーモバイルに乗り換える前はデータ通信もウィルコムでした。そういう意味では、新しいサービスには期待しているところもあります。

WiMAXやLTEといったブロードバンドシステムと技術要素はほぼ共通だが、ウィルコムは数十m~数百mごとにきめ細かく基地局を設置する「マイクロセル方式」を採用していること、上下対称で、上りも高速である点が異なる。

移動しているときとか、どうなんでしょうね。あとはどのくらいのスピードでエリアが広がっていくか、というところでしょうか。

ウィルコム喜久川氏、「XGP」への展望を語るという記事によれば、

基地局は、開始時点で100局設置済であり、6月までに数百局を展開する。これまでの経験から、データトラフィックが高いエリアは判明しており、そうしたエリアを中心に整備していく考えが示された。

ということです。まだ10月以降のエリア展開は明らかになっていません。

WILLCOM|「WILLCOM CORE XGP」のエリア限定サービス開始についてでサービスエリアを確認することができます。