ヤフーがGyaOを子会社化、2009年秋には動画サービス統合という記事より。

ヤフーは7日、USEN子会社のGyaOの株式の51%を4月30日に譲り受けるとともに、2009年秋から「Yahoo!動画」と「GyaO」の両サービスを統合させることで合意した。株式の取得価格は5億2977万8000円。

ヤフーが「GyaO」の株式51%を約5億3,000万円で譲り受け、子会社化することを発表しました。「Yahoo!動画」と「GyaO」が2009年秋に統合されるそうです。

動画サイトでは「GyaO」は先駆けというか、日本ではけっこう面白い存在だったと思うのですが、いかんせんMacで見られませんでしたからね‥‥。

そして、YouTube、ニコニコ動画といったライバルたちは軽やかに伸びていったのでした。なので「GyaO」にとっては、これが出口になるのだと思います。

「Yahoo!動画」にしてもやはりライバルたちに水をあけられていると思うので「GyaO」を取り込むことでコンテンツを拡充する、というメリットがあるのでしょう。

今回の資本業務提携では、両社の映像配信サービス「Yahoo!動画」と「GyaO」の統合を軸に、広告配信、課金システムなども統合させ、日本最大級のオフィシャル映像配信プラットフォームの構築を行うとしている。

巻き返しに期待、ですね。

強みは権利者の許可を得た動画を配信し、テレビ局、映画会社などと連携していく、というところなのですが、配信代行事業がメインになってしまうと、ユーザの参加する余地が小さくなってしまうのかな、という気もしますが、どうなるでしょうか。

■関連記事

Yahoo!動画とGyaO統合により「著作権尊重で国内最大手」目指す

ヤフーは、「Yahoo!動画」や「Yahoo!ニュース」などで動画配信サービスを提供しており、月間利用者数は約1100万人に上る。対するGyaOは約5万件のコンテンツを配信し、月間利用者数は約650万人。しかし、GyaOは赤字が続いており、ヤフーも「動画配信に限れば、儲かっているとは言えない状況」

ヤフーがGyaOを子会社化 Yahoo!動画と統合へ

GyaO事業の2008年8月期の業績は、売上高53億9400万円に対し、営業損益は27億1700万円の赤字だった。

Yahoo!動画とGyaO統合、「権利者を尊重する」No.1動画配信プラットフォームに

赤字の背景についてUSENの宇野康秀社長は、「広告商品の完成度などに問題があった」ことや、「サービス開始当初には想定し得なかった、著作権処理が行われていない動画配信サイトがもろもろ出てきた。正規に著作権処理を行うわれわれとコスト構造に差が出た」ことを挙げる。