光回線の契約者、ADSL上回る=初の逆転−6月末という記事より。

総務省が17日発表したブロードバンド(高速大容量)通信の契約者数調査によると、6月末時点の光回線の契約者数は前年同期比35.1%増の1308万2699件となった。

2008年6月末時点の光回線の契約者数は、1,308万2,699件でした。一方、ADSLの契約者数は1,228万9,972件でした。

ということで‥‥

FTTH 1,308万2,699件
ADSL 1,228万9,972件

ついに、光回線の契約者数がADSL契約者数を上回っています。FTTHは前年同期比35.1%増、ADSLは10.9%減というのですから大きいですね。

シェア7割を握るNTTグループがADSLから光回線への移行を進めていることが主因。

まあそうはいっても、一戸建て向けFTTHはまだ高価な面もありますので、我が家はしばらくはイーモバイルについてくる無料のADSLを使い続けると思います。

自宅で使う分には、それほどスピードに不満もないですからねー。

ブロードバンド料金比較

■関連記事

光回線契約、1000万件突破…NTT東西

NTT東西は次の目標として、10年度末に2000万件を目指すとしている。政府は、10年度にはブロードバンド通信ができない地域をなくすことを目標にしている。