イー・モバイル、音声サービスを開始。音声基本料無料で定額プランもという記事より。

音声サービス開始にあたっては、料金プランを約1年に渡って検討。音声サービスの料金プラン「ケータイプラン」では、月額料金に含まれる音声の基本料金は無料になる。

イーモバイル」が音声サービス開始にあたり、月額料金無料を打ち出してきました。つまり着信専用に使っていれば「タダ」ということになりますかね。

月額980円の「定額パック24」では「イーモバイル」加入者間の通話料金とSMS送信料が無料になります。

などなど、既存の携帯電話の料金プランに対して、いろいろな挑戦をする料金プランとなっています。

しかし携帯電話にありがちなんですけど、自分にどの料金プランが必要なのか、よく分かりませんですね。難しいです。

後は携帯電話として「使えるか」については、

音声サービスの人口カバー率は、「自社網で70~75%をカバーしている」と述べ、「ドコモローミングと合わせて2008年6月までに95%を達成したい」とした。なお、東名阪、福岡、札幌では90%以上の人口カバー率を自社網で達成しているが、「地下鉄のホームなどでの提供は、1年ほど時間を要する」と付け加えた。

ということで、地下鉄で使えないなど、まだエリアに不安はあるようです。

とはいえ、データ通信の時もガンガンと進めてきてユーザ獲得しましたから、1年後にはどんなことになっているかは分からない訳ですが。

新しい音声端末として、

・スマートフォンタイプの「EMONSTER」
・携帯電話タイプの「H11T」

が発表されています。

HTC、イー・モバイル音声サービス対応のWindows Mobile端末「EMONSTER」

SIMロックフリーなため他通信事業者のSIMカードを利用した通信も可能だ。このほか、通信機能ではIEEE 802.11b/gに準拠した無線LAN機能と、Bluetooth、GPS機能を搭載する。

東芝、イー・モバイル向けワンセグ/フルブラウザ搭載端末「H11T」

機能面では、ワンセグチューナーを搭載しており、ワンセグ放送の視聴に加えて、microSDカードへのSD-Video方式での録画やキャプチャー画像の保存が可能だ。

個人的には、やはり「iPhone」待ちというところです。

イーモバイルのオンラインストアを見る

■関連記事

イー・モバイル、音声基本料無料のプラン。24時間音声定額は月額980円

料金は契約事務手数料が2,835円で、初期費用は端末ごと異なり、HTC製の「EMONSTER(S11HT)」が67,980円、東芝製の「H11T」が57,980円。2年間の契約を条件に割引く「新にねん」を適用した場合、S11Tは43,980円、H11Tは33,980円となる

イー・モバイル、基本料無料の音声通話サービスを3月28日開始

通話料については、月額980円の有料オプションサービス「定額パック24」も用意。このプランを利用することで、イー・モバイル携帯電話同士の通話は無料、携帯電話・PHS宛は30秒9.45円、固定電話・IP電話宛は30秒5.25円となる。

イー・モバイル、音声サービスを3月28日開始へ--HTC、東芝が端末を供給

通話エリアはNTTドコモとのローミングによりカバーする。ただし、当初国内ローミングに対応するのはH11Tのみ。

イー・モバイルが音声サービス開始――“基本料金0円/月、パケット定額1000円/月”からの「ケータイプラン」

イー・モバイルのサービスエリア外では、NTTドコモによるローミングで音声およびデータサービスが利用できる。国内ローミングサービスを利用するには別途申し込みが必要で、料金は月額105円。

イー・モバイル、月額1,000円からのデータ通信プラン

スーパーライトデータプランは、月額料金の下限を2,000円とする新データ通信プランで、イー・モバイルすべての端末で利用できる。

小型PCライクに使えるスライド&チルトスクリーン――EMONSTER「S11HT」

GPSも搭載しており、「モバイルGoogleマップ」や「NAVITIME」などのナビサービスを利用できる。