YouTube、ビデオ内広告を開始という記事より。

YouTubeの新しい広告フォーマットは、ビデオ下部の20%のスペースに半透過の広告を表示するというもので、ほかの多数のビデオサイトでよく利用されている広告モデルと似ている。

YouTubeでビデオ内広告が開始されるそうです。

画面の下部20%ほどのスペースに、再生開始から15秒くらいで現れ、何もしなければ10秒で消えるというもの。

クリックすればすぐに閉じることも可能だそうです。であれば、広告が表示されてもさほど気にならないかもしれませんね。

「CMを見る場合、CMが停止するまでメインのビデオは一時停止される」ということなので、安心して広告も見ることができます。

テレビCMは番組の間に挟まりますが、YouTubeの広告は番組中に挿入されるものなので、より注目度も高くなるのでしょうか。

そして、

YouTubeはこうした広告をコンテンツパートナーのビデオでのみ販売する計画だ。

ということで、全てのビデオで広告が表示されるものでもないようです。

「パートナーは広告収入の一部を受け取る」という仕組みになっているようなので、ビデオ制作者には朗報ですね。