Ad Innovator: 誰もいないSecond Lifeで何百万ドルも無駄にするマジソンアベニューというエントリーより。

先日もHypeカーブの落胆の谷に差し掛かっているSecond Lifeという話をしたが、WiredにCokeの島に一日27人しか現れず、Searsのショップにも281人のみという現状についてまとめられた記事が出ている。

Wiredの記事で「セカンドライフ」に関して、

・Cokeの島に一日27人
・Searsのショップにも281人

という具体的な数字を挙げられていたです。

「Second Lifeはデジタルでありながらもリアルと同じように店舗を構えればいいと考えてしまうアナログな広告主にとって簡単に見えるから」と分析されているとのこと。

確かに土地を買うとか、店を持つとか、リアルと同じ感覚ではありますね。

「セカンドライフ」が面白い/面白くないという話ではなく、まだ企業がマーケティングで活用していくには時期尚早ということなのかもしれません。

知り合いと探索した「セカンドライフ」は面白かったけど、それは企業の島が面白いとかそういうのではなく、あくまでもコミュニケーションが面白いと感じたのでした。

セカンドライフ [Second Life] 創世記 3Dインターネット・ビジネスの衝撃

セカンドライフ [Second Life] 創世記 3Dインターネット・ビジネスの衝撃