「Google Video」で知り合いだけに動画を見せる機能というエントリーを書いて、日本の動画共有サービスでもぜひこのサービスを利用したいと思っていたのです。

だって、友達を動画で撮影する機会は増えたのですが、それを見せる手段がなかったのですよ。もちろんYouTubeのプライベートモードもあるのですが、相手にもアカウントを取得してもらうというのはあまり現実的ではありません。

友達ならまだしも、例えば親世代にはこちらでアカウントを取得してあげてもなかなか難しいところもあったりします。

そして、なぜ「Google Video」を使わないかというと、アップロードから公開まで時間がかかるということがありました。

なので、ぜひこの「URLを教えるだけで相手も見られる機能」というのが欲しかったので、ジェットダイスケにお願いしてみたところ、「PeeVee」が実装してくれたじゃありませんか!!

Peevee2

プライベート公開について

「プライベート公開」のビデオはPeeVee.TV内のリストに載ることはありません。 また、キーワードやカテゴリーなどでの検索結果にも表示されません。 あなただけが鑑賞できる、もしくはビデオを見せたい相手にだけURLをメールで知らせることができます。PeeVee.TVに登録していない友人にもこっそりと見せることが出来ます。公開範囲をあとから「一般公開」に変更することも可能です。

「PeeVee」かわいいよ「PeeVee」。

これでお手軽にビデオを知り合いに見せまくりです!

・遠方に暮らす親戚に子供の成長記録ビデオを見せたい
・恋人に私的なビデオメッセージを送りたい
・身内だけの行事やパーティーなどのビデオを見せたい
・結婚式のビデオを出席者の皆に見せたい
・忘年会の無礼講ビデオを参加者だけに見せたい
・製作中の映画のフッテージをスタッフ間で試写したい
・出張先での状況を社内のスタッフとシェアしたい
・一般公開前のビデオを親しい人だけに先に見せたい
・誰にも見せない秘密のビデオ日記をつけてみたい
・スパイ大作戦のように秘密指令を送りたい(自動的に消滅はしません)
・その他、アイディア次第でいろいろ...

サンデービデオキャスターは「PeeVee」のアカウントを取得して(もちろん登録は無料)、大切な人に“こっそり”とビデオを見せちゃいましょうぜ!(ぼくもアカウント取得してみました)

使い方は新機能「プライベート公開」を実装しました!でも紹介されています。