アメリカ政府がYouTube利用へ,麻薬撲滅広告を投稿という記事より。

米国政府の国家薬物取締政策局(ONDCP,Office of National Drug Control Policy)は米国時間9月19日,動画共有サービス「YouTube」に麻薬撲滅キャンペーンの広告動画を投稿した,と発表した。

YouTubeの利用が広がりつつありますね。アメリカ政府として初めて、国家薬物取締政策局がYouTubeに動画投稿を行ったそうです。

http://www.youtube.com/ONDCPがそのチャンネルです。投稿された動画を見ることができますが、どれもただならぬ雰囲気が漂ってきますね。

ONDCPは「この画期的な試みにより,ONDCPはより多くのアメリカのインターネット社会への接触が可能になるだろう。また,急速に変化する今日の通信環境に公的機関がどのように適応できるかの例証にもなるだろう」とコメントしています。