YouTubeにWarner Musicが音楽ビデオを提供という記事より。

WMGは音楽ビデオのほか、ミュージシャンの「楽屋裏」のビデオクリップやインタビュー画像なども提供する。YouTubeのユーザーは、これらのコンテンツをYouTube上で視聴できるほか、WMGの楽曲を自分のビデオクリップ作成に利用することも可能。

YouTubeとWarner Music Groupが、コンテンツ配信で提携しています。

これにより、YouTubeのユーザがWarner MusicのコンテンツをYouTubeで見られるようになるだけでなく、自分のビデオクリップ作成にも楽曲が利用できるようになるそうです。

見られるのは普通ですが、楽曲をビデオクリップ作成に利用できるというのはすごいですね。日本ではこんなこと無理だろうなぁ。でも利用できるとなれば、ものすごい勢いで使われるでしょうし、話題性は大きいでしょうね。

なおYouTubeでは年末に向けて「著作権のあるコンテンツや、それを利用したビデオクリップの検出や、閲覧状況のトレースが可能になる」という、コンテンツ識別・著作権報告システムを導入する予定だそうです。

WMGでは、このシステムを利用し、同社コンテンツや同社コンテンツを含むビデオクリップの閲覧による広告収入を、YouTubeと折半するという。

なかなかユニークなシステムと、ユニークなビジネスモデルの導入です。

■関連記事

YouTube、コンテンツの自動認識・報告技術を年内に導入予定

この技術を核として、コンテンツプロバイダーはそのコンテンツの存在を許可するかどうか、あるいはロイヤリティを徴収するかどうかを決定する権利を持ち、ロイヤリティのためのコンテンツ所在の報告とトラッキングシステムを提供する。

あのYouTubeがついに?!-ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ

「Warnerは(ユーザーの投稿した)ビデオのアップロードを許可するか拒否するかを選択できるようになる」ほか、「(YouTubeから)Warnerに支払うべき著作権料も自動的に計算される」ようになるという。