米Microsoft、動画共有サイト「Soapbox on MSN Video」ベータ版を開始という記事より。

米Microsoftが運営するポータルサイト「MSN」は18日(米国時間)、ユーザー投稿型の動画共有サイト「Soapbox on MSN Video」のベータ版提供を開始した。

Microsoftも動画共有サイトに参入です。「Soapbox on MSN Video」のベータ版を立ち上げています。

Soapbox on MSN Videoは、ユーザーが撮影した動画などをアップロードして、他ユーザーと共有できるサービス。MPEG-1/2/4やAVI/ASF/WMV/MOV/3GPP/DV Flash/H.264をはじめ、複数の動画フォーマットをサポート。

基本的にはYouTubeなどを追いかけるサービスとなりそうですね。

注目なのは「今後はMicrosoftが提供・発売するWindows Live Spaces、Windows Live Messenger、Xbox 360、Zuneとの連携も予定する」というあたりでしょうか。

試しにアクセスしてみたら、虫のおじさんが踊っていました。

Msn Soapbox1

■関連記事

MS、YouTube対抗サービス「Soapbox」のテストを開始

Microsoftのエンターテインメントビデオサービス担当ゼネラルマネージャのRob Bennett氏は、YouTubeの市場におけるリーダーシップは確立しているが、MSNの月間4億6500万人の訪問者でSoapboxはYouTubeに対抗できるだろうと見る。

米Microsoft、動画の投稿・共有サービス「Soapbox」開始へ

Soapbox on MSN Videoのベータサービスがサポートする環境は、Internet Explorer 6以降またはFirefox 1.0.5以降のWebブラウザを備えたWindows XP、Mac OS Xとなっている。

MS版YouTube「Soapbox」のβテスト開始

さらに動画へのコメント投稿やタグ付け、電子メールで友人に動画へのリンクを送ったり、Webサイトやブログに直接Soapboxプレーヤーを埋め込むなどのコミュニティー機能も提供される。