NTTがYouTube型動画共有に参入という記事より。

ClipLifeは、個人が投稿した各種形式の動画をFlash形式に変換・公開できるYouTube型サービス。メールアドレスを登録すれば無料で投稿できる。1ファイルあたりの容量は100Mバイトまで。

NTTもYouTubeタイプの動画共有サイト「ClipLife」の運営に乗り出します。「8月28日に広くトライアルを開始する予定」というとで、サイトにアクセスしてもまだ利用はできません。

基本的には先行しているYouTubeなどと同タイプのサービスのようですが、以下のような特徴があります。

著作権侵害コンテンツが公開されないよう、映像をフィルタリングする仕組みを取り入れる。人気テレビ番組の映像の特徴をあらかじめ抽出しておき、アップされた動画とマッチングする技術など、NTTグループの研究所で開発したさまざまな技術を試し、実用性を確認するとしている。

通報だけではコンテンツホルダーも対応が大変でしょうし、目視ではとても対応できないでしょうから、この技術が実用化されれば凄そうです。

ただ、目視のタイミングがアップ前だと使いにくかったりするのですよね。例えばすぐにブログに貼付けたいといった場合に、タイムラグがあると困るのです。

どのようなサービスが登場するのか楽しみです。

■関連記事

NTTが動画共有サイト「ClipLife」のトライアル-不正映像検出技術も検証

ClipLifeサイトのトライアルは2007年2月までの半年間の予定。今後は、コミュニケーションの活性化、アフィリエイトサービスの提供などを検討しつつ、ビジネス化を進める。

NTT、動画共有サイトのトライアルを開始 - ブログで手軽に動画配信も

ClipLifeでは、1ファイルあたり最大100MBまでの動画を公開できる。ユーザーあたりの投稿ファイル数、トータル容量などの制限は設けないという。投稿された動画は、ClipLife上で視聴できるほか、タグを貼り付けてユーザーのブログから参照することも可能だ。

NTT、動画共有サイトのトライアル。動画の改変や不正映像検出の検証も

投稿可能な動画ファイルはWMV/MOV/MPEG/M2P/AVI/3GP/FLVで、トライアル開始後もファイル形式を追加していくという。投稿された動画はFlash形式に変換されて視聴が可能なほか、改変可能な動画の場合には投稿時のファイル形式でダウンロードできる。