ネットテレビ、一番人気は「GyaO」という記事より。

日経リサーチが7月10日に発表した、ネット上の動画配信サービスに関するアンケート結果によると、最も利用されているのは「GyaO」だった。

動画配信サービスの利用に関するアンケート調査です。それによると、過去1ヶ月間に利用したサービスで最も多いのは「GyaO」の23.4%で、それに続くのが「Yahoo!動画」の15.4%となっています。

あれ、YouTubeは? と思ってアンケートを見たところ、国内の動画サイトが対象でした。とはいえYouTubeは動画配信サイトというよりは、動画共有サイトですからね。

ジャンル別では「ニュース・報道」(43.6%)の視聴割合が最も高く、40代以降の男性では半数以上。次が「アニメ・マンガ」(21.4%)で、10~30代の視聴が特に多かった。

ニュース、報道、アニメ、マンガが人気コンテンツなのですね。

■関連記事

ネットユーザーの3割が動画配信を活用-人気上位は「GyaO」と「Yahoo!動画」

動画配信サービス視聴者のネット利用時間帯を見ると、休日のプライムタイム(19時〜23時までの、テレビ視聴率の高い時間帯)の利用が全体平均よりも高かった。