「目指すはYouTubeよりmixi動画版」Ask.jpが動画共有サービスを開始という記事より。

Ask ビデオは、デジタルカメラや携帯電話で撮影した動画をアップロードして共有できるサービス。ユーザーが利用できるディスク容量は無制限だが、1ファイルごとの容量は最大50MBに、再生時間は5分に制限される。

Ask.jpが動画共有サービスの「Ask ビデオ」を開始しています。

Ask Video

アップロードした動画ファイルはFLV形式に変換され、再生にはMacromedia Flashが必要。視聴はストリーミングのみでダウンロードはできないが、将来的にはダウンロードの対応も検討していくという。

さらにHTMLが生成され、それをブログに張り付けられるあたりはYouTubeにそっくりです。加えて「足あとコメント」などのSNS的な味付けがされているということです。

これまで検索エンジンを中心としてきたAsk.jpだが、Yahoo! JAPANやGoogleの存在感が強い日本市場において、「いかにAsk.jpならではの強みを出していくか」というテーマの答えが「自らがメディア化」することであり、その施策としてコミュニティに重点を置いていくという。

そうそう、検索エンジンというイメージでAskを見ていますが、今後はこうしたコミュニティサービスが増えていくようですね。

「トランスコスモスグループにJストリームを持つ我々は、この点でも強い」と体力的なところに自信を見せているということですが、ビジネスモデル的にはユーザ離れを懸念して、すぐ広告を入れるようなことは考えていないそうです。まずは人を集めて、ということですね。

「例えば写真でも、単なる写真撮影ではそれほど盛り上がらないが、プリクラのような編集要素を取り入れることで流行した」と指摘。そうした動画編集機能を取り込むことで、ユーザーが動画を投稿するきっかけを与えていく。

自発的にユーザが投稿するようなコミュニティがどのように確立されていくのか、楽しみです。

↓こういう動画もなかなか面白いですね。天かすとそばつゆのおにぎり美味しそう。

■関連記事

Ask.jp、動画共有サービス「Askビデオ」提供開始-会員数10万人目指す

動画は1作品につき、時間にして5分、容量が50Mバイトまで。動画を投稿する際にキーワードを設定することで、同じ興味を持つユーザーとの動画共有ができるようになっている。