ワーナー映画、今夏よりBitTorrentで合法ダウンロード配信をスタートという記事より。

米BitTorrentは9日(現地時間)、米Warner Bros. Home Entertainment Group(以下Warner Bros.)と提携して、同社のP2Pファイル交換プラットフォームを用いた、インターネット上での映画やTV番組コンテンツの有料配信サービスを開始するとの発表を行った。

BitTorrentのウェブサイトから、Warner Bros.が提供する200以上のコンテンツがダウンロード可能となる予定だそうです。P2Pを利用した合法的な映画ダウンロードサービスが開始です。

BitTorrentの関係者は、

「Warner Bros.が今回のサービスを立ち上げることによって、同社の映画やTV番組は、広い視聴者層にまで達するようになる。BitTorrentの合法的なオンライン配信サービスは、海賊版コンテンツしか入手できなかったこれまでの領域から飛び出し、新たなビジネスチャンスを開くことにつながるだろう」

とコメントしてます。

BitTorrent自体を使っていないのでなんとも言えないのですが、仮にP2Pでないとして、iTunes Music Storeあたりから映画を購入するかどうかという話になると、これまた対応しているiPodを持っていないのでなんとも言えないところもありますが、コンテンツと価格次第で買うと思います。

一般の人々がどういう反応をするのか。注目です。

■関連記事

ビットトレントは「堅気」の商売で成功できるか-ワーナーとの提携で関心集める

「音楽業界の場合は、海賊行為の対策に乗り出すまでの期間が長すぎた」と述べた上で、「(映画業界は)合法的なオンライン配信システムに対する世間の関心を高めるために今出来ることをすれば、(海賊行為)問題に打ち勝つことができる」