YouTube風の動画共有プラットフォームを慶応大学DMC機構が開発という記事。

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC機構)は5月10日、インターネット上で動画コンテンツを配信、共有するためのプラットフォーム「VOLUME ONE」を発表した。

記事によれば「ユーザーがアップロードした動画コンテンツを自動的にFlash Video形式に変換し、ネット上での配信と共有を可能にする」サービスということで、最近話題のYouTubeなどと同じ仕組みの「VOLUME ONE」です。

Volumeone

見るとサイト自体もFlashバリバリという感じですね。携帯電話で撮影したと思しき動画がけっこうありました。パーマリンクやサイトに埋め込むためのスクリプトも配布されています。

ので、ちょっと埋め込んでみますか。

↓ここにスクリプト

〈うまく表示されなかったので削除しました〉

↑ここにスクリプト

JavaScriptですが、MTだと改行設定を変更しないとダメかな?

同機構助教授の金正勲氏は、YouTubeやフジテレビジョンらが先日発表した「Watch me!TV」などとVOLUME ONEの違いとして「研究機関発のプラットフォーム」である点を指摘。

とりあえず商売目的ではなく、なんか面白いモノ作りたいとか研究的なところからポロッと何かが生まれ、それをみんなでわいのわいの言いながら育てていく感覚みたいなのは個人的には好感が持てます。というのも、自分も何か参加したいと思うからですかね。一言コメントレベルに留まるかもしれませんが。

■関連記事

“非営利YouTube” 慶大が公開

美術館、博物館、教育機関など非営利の組織で、コンテンツ紹介やプロモーションなど向けに利用してもらうことを想定しているほか、広く一般ユーザーに投稿してもらう方法も模索する。