GyaOには生中継で対抗-ソフトバンクとヤフー、動画配信会社を共同で設立というニュース。

ソフトバンクとヤフーは12月19日、動画配信を手がける新会社「TVバンク」を共同で設立すると発表した。

Yahoo!動画」で既にコンテンツ配信を開始しているそうで、見てみると右下あたりにありました。「テレビ放送のように、番組を編成して24時間配信しているチャンネルです」と説明。

「ソフトバンクグループで動画配信事業に携わっていた社員57名が参加する」となっており、番組調達をするのが「TV Bank」という位置づけのようです。

ヤフーはこれまでYahoo!動画で有料コンテンツを提供していたが、このうちの多くを広告掲載によって無料配信に切り替えた。広告の受注はヤフーが請け負い、TVバンクと広告収入を分け合う。

先行するGyaOがガンガン会員数を拡大しているので、「Yahoo!動画」としてもビジネスモデルを変更して後を追っていくということなんでしょう。どうなるでしょうかね。

GyaOはWindowsでしか見られないけれど、Yahoo!動画はMacでも大丈夫そうですね。

■関連記事

ソフトバンクとヤフー、合弁会社に動画コンテンツ事業を集約

コンテンツ供給に関しては、エイベックス・エンタテインメントなど従来のパートナー企業49社に加え、角川映画などの新規パートナー企業23社から協力を得る。動画広告の供給に関しては電通、博報堂DYメディアパートナーズといったネット広告代理店各社の協力を得るという。

ソフトバンクとヤフー、広告モデルによる無料動画配信サービス

動画検索技術もYahoo!動画に実装。指定したキーワードに関連する動画をWeb上から検索し、TVBankのサイト上で再生できる。検索は複数語指定も可能で、検索キーワードに該当した動画を連続で再生する「キーワードチャネル」機能も実装。検索キーワードの対象となる動画数は約7万で、ソフトバンクグループでは「検索結果を含めてYahoo!動画では約10万の動画を取り揃えた」と説明する。